HOME生前整理で自宅や持ち物を整理する>家族を困らせるものを残さない生前整理の重要性

家族を困らせるものを残さない生前整理の重要性

「私の人生、私の家だからこのままでいい」という方もいらっしゃるかもしれません。あなたはそうかもしれません。でも、貴方が亡くなった後で困るのは大量のモノを残された遺族です。大量の遺品が残された家、処分しようにも遺品整理には何十万、100万円単位の費用が必要なほど、モノであふれている……。

今、社会問題にまで発展している「空き家問題」。本来は価値のある資産であるはずの不動産が、「負動産」となるのも生前整理によって防げる可能性が高いです。


スポンサーリンク

生前整理をしておかないと、万が一の時に家族が困ったことになるかも

  • 自分の人生で”見られたくないもの”が発見されてしまう
  • 遺品整理には結構なお金がかかる
  • 大切なものが、伝わらずに処分されてしまうことも

 

自分の人生で”見られたくないもの”が発見されてしまう

あなたに万が一のことがあり、家族が遺品を整理することになったとしましょう。そういった時によくあるケースとして、家族に「見られたくないもの」「見てほしくないもの」が発見されてしまうケースです。

 

まだ、生きているうちであれば言い訳も関係修復もできるでしょう。でも、亡くなってしまっていたら、それもかないません。こうしたものはあなたが健康な内に処分するなりしておくことも重要といえるかもしれません。

 

遺品整理には結構なお金がかかる

また、あなたが大量のモノを残して亡くなってしまった場合、残された家族は遺品を整理することになります。

そうしたものが多い場合、家族だけで整理をするのが困難なケースもあります。特に、最近では、親と同居せずに離れて暮らしている方もいるでしょう。そういったケースで、遠方から遺品整理のために時間をかけるのが困難です。

 

そうなってくると、遺品整理業者などへの依頼が必要になりますが、作業料金は決して安くありません。基本的には整理するモノの量によってお値段も変わってくるので、モノが多い場合は百万円単にの費用が掛かることも少なくありません。 こうした費用は遺族が負担することになるわけで大いに頭を悩ませる問題になります。

 

また、遺品整理などの処理が億劫で実家を放置してしまい、結果的に誰も住まない空き家(負動産)になってしまうかもしれません。

 

大切なものが、伝わらずに処分されてしまうことも

また、遺品整理に絡み、あなたが大切にしてきたもの、大切に残したいものが、遺品整理の過程で処分されてしまう恐れもあります。

それはプライスレスな思い出や先祖代々から受け継いできたものもそうですし。金銭的な価値にあるものもそうです。よく「ごみ処分場のタンスから大金が見つかった」というような報道がありますが、こうしたものは、タンス預金されていたお金が遺品整理等によって処分されてしまったのことが原因です。

 

スポンサーリンク