HOME生前整理で自宅や持ち物を整理する>デジタル生前整理の重要性とその準備

デジタル生前整理(デジタル終活)の重要性とその準備

今はパソコンやスマートフォンなどに多くの情報が残されています。この中には写真などの思い出や銀行や証券会社などの金融取引、ネット契約、各種オンラインサービスなどの情報もあるわけです。

必要な情報はわかりやすく、整理しておくべき一方で、知られたくないデジタル情報も少なからずパソコン等に残されている方もいるかもしれません。そうしたことを踏まえたデジタル生前整理が求められるようになっています。


スポンサーリンク

遺したいデータ、遺したくないデータ。デジタル生前整理とは?

パソコンやスマートフォンの中には様々なデータが眠っています。多くの方は端末やパソコンにパスワードなどでロックを掛けているかと思います。

一方で、そうしたパソコンやスマホがあなたの死後どうなるのか?を考えたことはありますか?

 

1)ロックされていて必要な情報が取り出せない

一つ目は、家族が困ってしまうようなケースですね。

 

  • 大切な家族の写真や動画などのデータ
  • 金融取引に関するデータ
  • オンラインサービスの登録
  • 引継ぎが必要な書類などのデータ

 

パソコンやスマートフォンなどにロックがかかっていることでデータが取り出せずに、残された家族が困ってしまうケースがあります。

専門業者に依頼をすることでロックを解除できるようなケースもありますが、そうした場合には費用が必要になってしまいますし、依頼しても解除できない場合もあります。

 

2)パソコンやスマホに見られたくない情報がある

(1)のケースとは逆に、パソコンやスマートフォンの中に、家族には見てほしくないデータがあるケースも少なくないでしょう。

自分に万が一があったことで、家族などによってロックが解除されて、見られたくないものが見られた……ということは、自分の死後の尊厳につながるようなケースもあるかもしれません。

 

 

以上のような問題から、デジタル生前整理は「残すべきデータ」「消去するべきデータ」についてしっかりと対策を立てておく必要があります。

 

デジタル生前整理(デジタル終活)の始め方

対応方法としては以下のようなものが挙げられます。

 

  • 必要な情報はエンディングノートなどに残しておく
  • 見られたくない情報は専用ソフト等を利用する

 

必要な情報はエンディングノートなどに残しておく

パソコンのログイン情報などは「エンディングノート」に残しておくと、家族が困ることはないでしょう。逆に、パソコン自体にはログオンしてほしくないのであれば、「必要な情報はこのエンディングノートや外付けHDDなどに残しているので、パソコンにはログオンせずに、物理的に破壊してほしい。」などの希望を書いておいてもよいかもしれません。

 

デジタル終活専用ソフトを使う

また、デジタル終活(生前整理)に役立つソフトもあります。

 

僕が死んだら・・・

有名なソフトです。家族向けにファイルを残しておき、それを開いたらバックグラウンドで削除したいデータを自動的に削除してくれるように設定してくれるというものです。フリーソフトです。
>>僕が死んだら…(Vector)

 

こうしたサービスもあるので、こうしたものも活用してご自身のデジタル生前整理・デジタル終活を進めていくようにしましょう。

 

スポンサーリンク