HOME終活・生前整理の基本>エンディングノートの選び方と書き方

エンディングノートの選び方と書き方

終活・生前整理というと、年を取ってから自分の死がより近くなってから行うものと考えている方もいるかもしれませんが、それは違います。

もちろん、やる項目ごとに開始すべき年齢は違ってくるかもしれませんが、自分に万が一があった時に、家族に知らせておかないと困ることがあるのであれば、そうしたメモなどを遺しておくというのも大事な終活・生前整理の一つだといえるでしょう。

ここでは、そんな生前整理は何歳くらいから始めるべきなのか?また、それぞれの年代別にどういったことを準備しておくべきなのかをまとめていきます。


スポンサーリンク

エンディングノートは市販品を買うのがベスト

いきなりですが、エンディングノートは市販品がおすすめです。
必要な項目がある程度まとまっている。一冊のノートで対応できる。からです。

 

インターネットではエンディングノートの無料ダウンロードなどのサービスもあるようですが、情報が細切れになってしまいますし、そもそもPC上での保存だと、家族が見つけにくい場合があります。

印刷しても傷みやすいし、ばらばらになりやすいです。

 

ノート形式だと鉛筆で書いておけば随時修正もできますし、必要ならノートに別途印刷して紙を足しておけばいいだけです。下手なオンラインサービスよりも必要な情報がまとまっているので市販品をお勧めします。

 

コクヨ もしもの時に役立つノート

自分用ならベストだと思います。家族に残しておくべき必要な情報が網羅的に用意されています。自分の意志で家族のために必要な情報を遺しておきたいというのであればベストなエンディングノートだと思います。

>>コクヨもしもの時に役立つノート

 

エンディングノートの書き方、書いておくべき項目

いやいや、本を買うまでは無いよ。という方の場合、あなたの状況や必要に応じて以下のような項目を遺しておけば 簡易的なエンディングノートになるはずです。

 

お金や生活に関係するエンディングノート

 

  • 預貯金の銀行口座
  • 証券会社の口座
  • 保有しているクレジットカード
  • 電子マネー
  • ポイントカード
  • 不動産
  • 貸しているお金
  • その他の金融資産、有形資産、美術品
  • 借入金、ローンの有無と借りている相手
  • 保証債務(借金の保証人など)
  • 加入している保険(生命保険、医療保険、年金保険など)
  • 各種オンラインサービスのIDや登録メールアドレス

 

あなたの介護や病気に関係するエンディングノート

  • アレルギー、健康上の注意点
  • かかりつけの病院
  • 過去にかかった病気
  • 病気の告知や延命処置、終末医療についての考え方
  • 介護が必要になった時にどうしてほしいか

 

 

あなたが死亡した際に関係するエンディングノート

  • 葬儀の有無、宗教、業者
  • お葬式に呼びたい友人・知人
  • 親戚などの住所・連絡先
  • お墓、埋葬についての希望
  • 遺言書の有無
  • 所有物の引継ぎや処分についての希望

 

全体としてはこんな感じだと思います。

 

エンディングノートを書いておくときの注意点、Q&A

以下はエンディングノートに関するいろいろな関係情報やテクニックなどをまとめたものです。

 

  • ポイントカードやマイルは相続できるのか?
    マイルは相続可能ですが、クレジットカードなどの多くのポイントは相続不可となっています。

  • エンディングノートは遺言書の代わりになるか?
    なりません。お願いベースにはなりますが、法的な拘束力はありません。遺産分割について揉めそうな内容を記載する場合はエンディングノートだけでなく、正式な遺言書を作成することをお勧めします。逆に揉めることになりかねません。

  • エンディングノートはすべて埋めたほうがいい?
    いいえ、そんなことはありません。人によっては不要な項目も含まれています。むしろ、自分にとって大切なこと、必要なことだけを書き残すようにした方が良いです。

  • 保管場所は家族に伝えておくべき?
    もちろんです。必要な時に家族がそれを発見できなければ意味がありません。
    生存中は見られたくないのであれば、「エンディングノートを書いているから」という事だけを伝えて億だけでもよいでしょう。

  • エンディングノートと一緒に保管しておくべきものは?
    たとえば、写真や動画などデータ、大切な人の住所録などを入れたUSBメディアやSDカードなどはエンディングノートと一緒に保管しておくとよいでしょう。他にも文字以外で一緒に伝えるものがあれば、それも一緒にしておきましょう。

 

 

スポンサーリンク