HOME>終活・生前整理の基本

終活・生前整理の基本

終活・生前整理の基本では、終活や生前整理に興味を持ってはいるけれども、何から始めたらいいのか?

あるいは、いつから始めるべきなのか?だれにお願いするべきことなのか?といった終活・生前整理全般についての基本的なことについて紹介していきます。


スポンサーリンク

終活は何歳から始めるべき?年代別の生前整理のコツ

終活・生前整理というと、年を取ってから自分の死がより近くなってから行うものと考えている方もいるかもしれませんが、それは違います。

もちろん、やる項目ごとに開始すべき年齢は違ってくるかもしれませんが、自分に万が一があった時に、家族に知らせておかないと困ることがあるのであれば、そうしたメモなどを遺しておくというのも大事な終活・生前整理の一つだといえるでしょう。

 

>>終活は何歳から始めるべき?年代別の生前整理のコツ

 

エンディングノートの選び方と書き方

終活や生前整理の第一歩となるのは、エンディングノートを書くということでしょう。エンディングノートは大きく「お金・財産」「自分に万が一があった時の考え方」「葬儀や埋葬」などの項目について一冊にまとめておくノートです。

自分の状況に応じて必要な項目だけ書いておくのも良いですね。また、市販のエンディングノートも多数あります。ここでは、そんなエンディングノートで書いておくべき項目やノートの選び方を紹介していきます。

 

>>エンディングノートの選び方と書き方

 

自分の両親にエンディングノートを書いてもらうコツ

生前整理や終活を考える際、自身ではなく、「両親」に書いてほしいと考えている方も多いかと思います。その一方で、親にエンディングノートを書いてもらうように、言い方は悪いですが仕向けるのは難しいケースも多いです。

言われた側がその重要性を認識していないと「俺に死んでほしいのか?」と気分を害されてしまう方もいます。そんな感じで頭を悩ませている方向けに、自分のご両親に角を立てずにエンディングノートを書いてもらうコツを紹介します。

 

>>自分の両親にエンディングノートを書いてもらう方法

 

終活と専門家

たとえば、終活という言葉は一言でいえば自分の最後のための準備をするということです。

それに関係する部分はかなり広範囲になりますし、専門性が高い分野もあります。たとえば、財産の処分についてなら税理士や弁護士、お金に対する備えなら保険、生前整理なら

 

 

スポンサーリンク