HOME>自分自身のお葬式やお墓の準備

自分自身のお葬式やお墓の準備

お葬式や葬儀、お墓や埋葬について生前の内から終活の一環として準備をする方も増えています。

 

深くは考えなくても、自分が亡くなった後のお葬式や埋葬方法などについて希望がある場合は、将来の家族が参考にできるような情報をエンディングノートなどに書き残しておくというのも一つです。

 

ここでは、そんな自分自身のお葬式やお墓の準備や管理などについて役立つ情報を紹介していきます。


スポンサーリンク

自分自身のお葬式、葬儀についての準備

終活・生前整理の一環として自分のお葬式について準備をされる方が増えています。中には生前葬といって存命の内に親しい人とのお別れの会をされる方もいらっしゃいます。

そこまではされなくても、家族のために希望をまとめたノートなどを残す方もいらっしゃいます。

 

生前葬とは何か?生前葬のやり方

生前葬と言うのは自分自身が生きているうちに縁のある人、お世話になった人などを招いてお別れとお礼を言うための葬儀のやり方です。自分自身の葬儀の喪主に自分がなるものです。比較的明るい内容になることが多く、無宗教のケースもあります。

>>生前葬とは何か?生前葬のやり方

 

遺影写真を生前に撮影しておくという選択肢

遺影写真なんて縁起でもない!と思われるかもしれません。一方で、体が弱ってから撮影する写真なんて嫌ですよね。もちろん、スナップ写真から選ぶというのも一つの手ですが、それが難しいケースもあります。遺影写真は、多くの参列者の方に最後の1枚として見られる写真です。ポイントは元気な内に10年ごとにです。

>>遺影写真を生前に撮影しておくという選択肢

 

スポンサーリンク